尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~ by かおり|中古商品

尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~  fanza

「男のキノコはねー、まいたけ・椎茸・えのき・松茸、色んな種類があるの!!いい松茸を収穫しようね♪(いい出会い探そうね)」 by k_tsukishimadaさんの作品

どうも、いつも読んでくださりありがとうございます。
もうこれチェック済みですか?

さて、尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~という作品ですが・・・

なかなかGOOD、ジワジワそそられました💗

(もちろん判断は人それぞれ、自由にお任せします)

作品タイトル名:尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~

出演女優:かおり


コメント:ミニスカートから覗く太股が何ともそそるかおりちゃん。ストレートのセミロングヘアーの先には大きな胸の膨らみが。B90W60H87のナイスボディだという。早くも期待が高まるところ男が「お尻を中心に攻めてみたい」というと「恥ずかしい~」とはにかむかおり。「ヒップラインを見たいので立ってくれますか?」とその場に立たせると後ろ向きにしてお尻をチェック。「わ~、パンティが透けてるのがイイですね~」と早くも興奮する男。「ちょっとスカートをまくってくれますか?今日はどんなパンティを穿いてますか?」とスカートをまくらせる。するとプリンと87センチのお尻がパンティに包まれたままあらわに。しかもお尻のワレメにパンティが食い込んでいてお尻好きには堪らない光景。「いいですね~白。」やはり白いパンティには一定のエロさがある。さらにパンティをグイッと食い込ませる。「きれいなお尻してるね~」とTバック状態のお尻を見てそのプリンとしたお尻にますます興奮する。しかし「イヤだ~。恥ずかしい~」と本人はお気に入りでない様子。「垂れてないし・・・触り心地もいい、弾力もいいね~」とお尻を撫で回す。さらに「ちょっといですか~?」とお尻を鷲づかみにするとパックリとワレメを広げてしまう。「うわ~イヤらしいですね~このお尻」と男には大満足なお尻だ。今までの経験人数は「10人くらい」といい「アナルは?」「一度だけ・・・」と自分には合わなかったという。「カラダのラインを見せて」と下着姿になってもらう。ブラジャーも白くお揃いでやはり明らかな巨乳だった。早速四つん這いにさせると男はお尻にかぶりつきペロペロと舐め始める・・・。ナイスボディ系の巨乳美女を四つん這いにしてお尻を攻めまくる物語。後ろから電動バイブをズブリと挿入しそのまま放置。唸りながらバイブが動き続けると喘ぎ声が止まらない。「気持ちイイんですか?」男はバイブに手をかけズボズボとピストン。バイブが突き刺さったままの状態のエロさに超興奮の男。攻め好きには堪らない逸材だ。「こんなに勃っちゃってるよ~」ビンビンに硬直した肉棒を咥えさせたっぷりと舐め回してもらう。お尻好き、攻め好き、フェラ好きにお薦めの作品。



上記の作品を好きなだけ堪能できる、めっちゃいい配信サイト「H:G:M:O」はこちらです(公式ページへ)

>>> 「尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~」を今からみる!

ハジメテの頃ほどの興奮はないけれど…

どうしても昨今、もう企画のパターンが決まっちゃってます。

尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~も、なんとなくパターン化してるところが否めません。

買い込むことに飽きてきちゃった気持ちがあるのも事実…

きっと撮影側だって、やっぱり売らないといけない。

だからある程度の売上が見込める、過去の人気パターンが鉄板になってます。

(わざわざ私が言うことじゃないですが…😂)

それでも私が月に3万円もかけて色々みてみるのは、もうなんていうか意地です😍

1個分の月額なら知れてるんですけどね…w

作品や女優との、一期一会を大切にしたいんです。

(盗めるテクもいっぱいですしw)

\ 局部モロ出し・心もギンギン /

なぜかおりちゃんは裸になって、男どもにいやらしい目でみられるのか?

かおりちゃんだって、決してボランティアでやってるわけじゃないです💐

近頃はスマホの違法動画が流行ってますけど、そんなものは自分でオシリも拭けない学生さんだけ。

(…といいつつ1年半前まで無料派だったけど課金派になって世界が変わった1人ですw)

動画、ブルーレイ、DVD、VHS…

なんでもいいけれど、ちゃんと正規で視聴するのがスマートな紳士・淑女の嗜み。

尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~  売れるもの

こういう価値観で楽しむ人を増やしたいなって…

いちオトナの消費者として。

大事なのは、こういうスタンスだと思うんですがどうでしょうか…!?

  • なにより女優さんと制作側へのリスペクト!
  • コレクション魂!
  • ちゃんと現物にお金を出したほうが不思議と興奮する
  • 良い画質でしっかり楽しみたい
  • ストーリーをフルで楽しみたい
  • 特典映像が本番w
  • ウイルスの危険は冒したくない

(ま、1つ1つの値段も知れてますし)

だから良い趣味になってる✨

そう思って今日も日課に励みます😘

くどいかもだけど、尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~はみてみる価値ありますよ~!

(めっちゃいい配信サイト「H:G:M:O」へ飛びます)

>>> 「尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~」を今からみる!

「SEXしながら戦争が出来るか!!?」 by 平本アキラ『アゴなしゲンとオレ物語』

尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~  dl

お体のケアまで喜んでします

私は好きな彼女を、自分の手でマッサージしてあげたり、お風呂で頭のてっぺんからつま先まで洗ってあげるのが大好きです。

最初は大好きな彼女を労わる思いで、足の裏や手のツボを押してあげたり、肩をマッサージしてあげていました。

ですが、私の手は段々と彼女の全身を確かめるように撫でまわし始めます。

そして、そのながれで彼女が私のいけない手を受け入れてくれたら、そのままくんずほぐれつの一晩になります。

それに味を占めてしまったのです。

お風呂についていってシャンプーからボディーソープで、ひたすら彼女を綺麗にしてあげて、そのながれでお風呂でS○Xに励んだりしています。

尽くすタイプの男ってこういうものなのでしょうか。

もちろん嫌がる時は断られますので、その時はおとなしくしています。

でも、嫌な時はきちんと言ってくれるのも、気を許してくれている証拠のように感じて、どんどん好きになっている最中です。

あとこのあたりなんかも好きな人はハマるんじゃないでしょうか。

何度も味わいたくなる美味しいカラダ Tasty Body Oklahoma by オクラホマのフルvideoを視聴!AV屋でも話題に


かおりちゃんから浮気する?

あとほかに最近イイ感じの優良どころはこのへんですね。
かおりちゃんから寄り道したい方はどうぞ( *´艸`)

2000年から2010年頃にリリースされた、懐かしのAV

作品人に歴史あり、AV女優さんにも歴史あり、AVにも歴史ありです。

H:G:M:Oでは主として、2000年から2010年頃にリリースされた、懐かしのAV作品を見ることが出来ます。

扱われているジャンルとしては、ギャル系がメインですが他にも、熟女系も含まれていて、ここでしか見れない作品も少なくありませんから、少し古めのAVが好きな人には、たまらないサイトになっています。

それでは単に過去作品の倉庫的なサイトかというと、収蔵作品数は優に3,000を超えていますから、確かにディクショナリー的な便利さもありますが、現在でも毎週新たに数本の作品が追加されているのです。

ライブラリーはどんどん充実していきます。

会員になればそこから、好きな作品をダウンロード出来ますから、何度でも繰り返し見ることが出来ます。

ですから、どうしても見たい過去の作品がここにしかない場合、短期間入会してダウンロードしまくるのこのサイトの使い方です。

事実、そうした使われ方も多いようです。

そうした事情もあってこのサイトでは、他の多くのサイトで取り入れているVIP制が取り入れられていません。

すべての作品を自由に

一般、VIPの区別なく、入会すればすべての作品を自由に、ダウンロードすることが出来るんです。

過去作品を探す人がいる一方、最初から現在の新作AVにあまり興味が持てず、ネット配信が始まる前の時代に製作されていた作品つまり、AVといえばレンタル店でVHS版を借りるのが当たり前だった時代に製作された作品を改めて見たい人にとって、このサイトは非常に便利であり価値があるといえます。

そうした性質上、映像のクオリティはやや落ちたりしますがむしろ、そこに味わいとAVの歴史を感じ取られる方もいるようです。

レンタルビデオ店で借りそびれ、見逃していた作品と出会えたら、誰でも嬉しいですからね。

そういう時は、生きていてよかったと、素直に思えるものです。

しかも、AV倉庫的な面のあるサイトらしく、1日10Gまで許容されています。

20本はばっちりダウン出来ますから、一ヶ月で600本選べます。

難点といえば、そうした短期決戦的な利用者が多いから、このサイトは長期にわたる契約が出来ません。

それで他のサイトのように、半年割引のようなメリットは用意されていません。

それでやや、料金を高いと感じてしまうのかも知れませんが、先にも上げたレア性、コア性を考えると、けっして高いとはいえなくなります。

いうなればマニア向けのサイトです。

「パンツってのはさ、女の子が穿くまではただの布切れなんだよ」 by penyapaさんの作品



では「尻攻め ~巨乳娘を四つん這いにして~ by かおり|中古商品」というテーマの記事でした!