関西支部
例会開催予定
「女性目線の天満切子 〜ガラス発祥の地・大阪天満で〜」
更新日:2018年8月26日
 
■開催日:2018年9月9日日   時間14時0分〜
■場 所:切子工房「昌榮」
■講 師:西川昌美さん(天満切子職人)
 
天満切子の技術を継承し、次世代へ繋ごうとしている西川昌美さんから手ほどきを受けます。ガラスはもともと大阪の文化で昭和初期にはたくさんのガラス加工所があったそうです。「鑑賞の美と用の美を併せ持ち、切子に飲み物を注ぐと、グラスの底の模様が内側から側面に映りこみ、万華鏡の様に輝く…天満切子の一番の特徴は映り込みの美しさ」という女性ならではの感性で制作する西川さん。自分だけの天満切子の作品づくりにトライしてみませんか。

講師プロフィール   
西川昌美(昌榮)さん
師匠である宇良武一(切子工房RAU)から学んだ天満切子の技術をさらに追求し、その技術を次の世代へと受け継ぐことを運営目的にして、作品づくりだけでなく、技術を絶やさないために後進を育成している。