関西支部
トップページ >> 関西支部TOP >> 関西支部 例会報告一覧 >> 関西支部 例会報告
関西支部
「セルフカウンセリングを学ぶ〜自己受容で個性に磨きを〜」
更新日:2017年3月24日
 
■開催日:2017年2月18日土   時間14時0分〜16時0分
■場 所:グランフロント ナレッジキャピタルサロン7階
■講 師:鈴木牧子氏
 
コミュニケーション上手を目指すなら、まず内なる自分との対話で「自分を知る」ことから。
普段の人との関わり方や、自分は今何を思い、何を考え何を感じているのか、本当はどうしたいのか、行動を止めているのは何かなど「自分観察」。自分のありのままのスタイルを大事にしつつ、いろいろな人といい関係になるための方法をワーク形式で学ぶ。


◆ワーク① 〜自分チェック〜
1970年代社会学者デビット・メリル氏が提唱したコミュニケーション理論「ソーシャルスタイル」を活用して、自分のスタイルをチェック。 4つのタイプに分類したワークシートに従い該当箇所にチェックを記し、一番多く記された項目を、ソーシャルスタイルのパターンに当てはめ、自分のタイプの傾向を知る。


◆ワーク② 〜自分のリソースを探せ〜
1年後の私をイメージする。 10年後の私をイメージする。 死ぬまでにやっておきたいこと等、どんどん用紙に書き出す。これは自分の心理的資源、能力、新たな可能性を引き出すエクササイズ。

◆ワーク③ 〜自己開示の練習〜 と 〜コンプリメントシャワー〜
ペアーになった各自の自己紹介を基に聞きて上手を学ぶ。聞き手は自己紹介をした相手に、私はあなたにこうゆうことを思いましたと、色々なところを取り上げ賛辞する。 相手をほめて差上げると相手の表情がほころび、賛辞している自分も同じように自然と笑顔になるエクササイズでした。
そして、人をほめると自分自身もほめてあげられることが出来、自分で自分をほめてあげると、幸せ感が一杯になる コンプリメントシャワーをマスター。

鈴木牧子講師に、どうしてこのお仕事に就かれたのですかと、メンバーからの問いに私の中にきびしい、きびしい自分がいた。なぜそんな私になるのかなと思い悩み……心理学にめざめられたとのこと。 現在、心理カウンセラーのエキスパートとして長年ご活躍。

筆者も自分さがしをしていた時期、心理学、スピリチュアル、宇宙の真理などに興味をもち、のめりこみ今では「あるがままに生きる」が一番にたどりついている。さて自己受容ワークでさらなる自分磨きができたでしょうか。
友田みのり