関西支部
トップページ >> 関西支部TOP >> 関西支部 例会報告一覧 >> 関西支部 例会報告
関西支部
千年の古都が紡いできた知られざる世界
更新日:2015年7月26日
 
■開催日:2015年6月13日土   時間16時0分〜17時30分
  懇親会開始時間18時0分〜20時30分
■場 所:グランフロント・ナレッジキャピタル
■講 師:森田芳光氏
 
社長業の傍ら趣味以上に京都や時代劇に精通した森田芳光氏からお話をお聞きしました。森田氏はいろいろなお顔があります。松下青年経営塾(第1期生) で、その後には講師も務められたことがあり、時代劇評論家としてテレビ番組にも出演されたことがあります。俳優としてテレビドラマの出演経験があり、誰もが知る有名な時代劇俳優さんたちとも親交があるとのことでした。とりわけ松方弘樹さんや松平健さんなどとは親しくされ、いろいろなエピソードをご披露いただきました。
NHK大河ドラマ「篤姫」の製作秘話、時代劇にご出演した際の撮影現場で見聞きした裏話などをお聞かせいただきましたが、オフレコの内容も多く、この場でご紹介できないのが残念!
さらに本題の京都御所内における「公家」の特殊な世界のお話は私たちが知らない世界で、現代に引き継がれている公家社会を少し垣間見させていただきました。2008年より、京都の葵祭(賀茂祭)の初参役を務めておられ、ご苦労話もお聞きすることができました。
ご講演のあとの懇親会でも、参加者の皆さんの興味は尽きなく、私たちの質問攻に快く応じてくださいました。
森田様、興味深いお話をありがとうございました。


(報告 前田万亀子)