関西支部
トップページ >> 関西支部TOP >> 関西支部 例会報告一覧 >> 関西支部 例会報告
関西支部
12月例会レポート
更新日:2015年2月3日
 
■開催日:2014年12月4日木   時間15時30分〜16時30分
■場 所:大阪生涯学習センター 第2ビル5階
■テーマ:「かがやき〜いつまでも豊かで美しく」
■講 師:森口由紀子さん
 
イナンナ関東支部の森口由紀子さんに、今期の関西支部のテーマ「かがやき〜いつまでも豊かで美しく」をテーマにお話をしていただきました。開口一番!!・「人はみかけです!」・・・(20代が最高) ・「私の髪は白いままです」・・・(老化は進むもの)・「どう見られたい?」・・・(姿勢・話し方・服装を意識する)と。
女性下着のトップメーカー・ワコールで長年勤められ、イナンナ関東支部でも活躍してこられた森口さんならではのお話ぶりにみんなワクワクしました。次に老化度チェックをみんなですることになり、採点結果の発表に大笑い。  さらに、姿勢やマナーなどについて、アドバイスをくださいました。そして、お洒落・洋服を楽しみ、自分の好きなことを大切にして楽しみ、無理しない人が美しいと締めくくられました。

《印象は2つの分野》
  ・第1印象は・動作、表情、マナー、話し方etc.・見えない部分・・・知識、性格、向上心etcを磨くこと。
  ・姿勢(まっすぐ立つ)、歩き方、座り方・・・ 「所作」=手の動かし方、お箸の持ち方まで
・マナー・・・外観(メイク・髪型・服装・匂い・話し方)は大切。しかし見える部分だけ一生懸命ではダメ
≪高齢者について≫
努力は年齢関係なし。それなりの元気はいいけれど、若いままの元気はあり得ない』ことを自覚すること。
社会の先輩として・・・見てカッコイイ年寄りになること、でないと、イイ若いヤツは育たない。
年寄りの色は着ない。グレー・ベージュ・・・顔と一緒。お薦めの目立つ色・・・≪白・黄色≫
ファッション・・・色には特徴があり考えて選ぶこと

< 老化度チェックをしてみましょう!>
□地名や名前を忘れ「ほら」や「あの」が多くなった
□用事を忘れ「ハテ?なにしにきたのだろう?」が多くなった
□決める時、迷うことが多くなった
□せかれるとイライラが多くなった
□根気が亡くなった
□思い立っても行動に移せなくなった
□映画、芝居を見ても感激が少なくなった
□釦やチャックのかけ忘れが多くなった
□憂鬱になることが多くなった
□薬や人間ドックに関心が増えた
□新しい人の名前が覚えにくくなった
□近頃の若い人は?と若者に断絶を感じる
□計画を変更しにくくなった
□過去の自慢や子供の自慢が多くなった
□人から「同じ話を何回もするね?」と言われるようになった
□尊敬されなくなった
□死亡した時のことを考えるようになった
□寂しいと思うことが増えた
□新しい友人ができにくい
□よく愚痴をこぼすようになった
□話がくどくなったと言われることが増えた
□「老人」とか「高齢者」という文字に敏感になった

はい!の数が
0〜7は「若いか?うそつき」
7から10は「40代」 
11〜15は「50代」
16以上は老人の仲間入り


後半の時間は、ウエディングプロデュース大手のワタベ(株)の担当者様が、近年関心が高くなっているシニアの“美”と“思い出”をキーワードに新事業についてお話をしてくださいました。

◎2014年イナンナ関西忘年会
ダイナミックキッチン&バー 燦−SUN−ヒルトンプラザウエスト店